英会話と英語リーディングは車の両輪。☆ストーリーを音読することで、両方マスターできます。英会話学校で12年教え、現在「英語でリーディング専門 クローバー」講師 Andy のブログ☆






プロフィール

Andy Tachibana

Author:Andy Tachibana
こんにちは!大久保で「英語リーディング専門 クローバー」というマンツーマン英語教室を開いているアンディ立花です。これから英会話をマスターしたい!英語もスラスラ読めるようになりたい!というあなたのために、必要なノウハウをすべてこのブログにまとめました。☆
Twitterは clover_reading です。



最近の記事



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


0


     
        ☆ 一瞬で英語が話せる秘術 ☆

              を

             初公開・・・ 

                   @ki

スポンサーサイト

1
イントロダクション

英会話の途中で言葉につまった経験はだれにでもあるでしょう。
いろいろなケースが考えられますが、
中でも多いのがむずかしい日本語が浮かんでしまった場合です。
急に英語が出てこなくなります。
そのとき私たちはいわゆる「言語の壁」というものにまともにぶつかってしまいます。

さて、ここでまるで忍者のように一瞬で言語の壁を乗り越える(?)秘術を公開したいと思います。



「英語の潜水艦」
http://eigonoumi.blog121.fc2.com/




2
一瞬で話せる人、話せない人

ある日、英語がよくできる日本人のAが外国人の同僚Bとラーメン屋に行きました。
券売機でチケットを購入し、店の人に渡すと
「あっさりにします?それともこってり?」と聞かれました。
日本語の分からないBが“What did he say?”とひじを突いてきます。
Aはすぐに返事しました。 “More oil or less oil? You have a choice.” (油が多いのにする?それとも少ないのにする?選べるんだって。)
英語ができない人は「『あっさり』って英語で何ていうんだろう。」と考えます。
「あっさり」という日本語を見続け、それに相当する英語の形容詞がないかを頭の中で検索します。
見つかりません。
十秒経過。その間この人は言語の壁に頭を打ち続けています。
このような翻訳モードに入ると英語は話せません。

一方Aはこう思考しました。
「あっさり」という言葉を聞いてその言葉の先にある
透明なスープのラーメンを思い浮かべていました。
「こってり」も同様に、スープがぎとぎとしているラーメンを思い浮かべていました。
最終的に心に映る二枚のラーメンの絵を自分の知っている英単語で素直に描写したのでした。
三秒かかりませんでした。
映像を思い浮かべた瞬間、彼は品詞の呪縛から自由になったのです。




「英語の潜水艦」
http://eigonoumi.blog121.fc2.com/



3
言語間に流れる水

それではAは本当に忍者のように言語の壁を飛び越えたのでしょうか。
答えはノーです。傍からはそう見えたかもしれません。
しかし彼は別のルートを選びました。
実は、Aが渡ったのは「言語の間を流れる水」でした。

日本語と英語の間には「壁」ではなく「水」が横たわっていると私はイメージします。
この「水」の正体は映像の世界です。
日本語と英語はたしかに離れています。
しかしその間をイメージの川が流れていて、両者はこの水によってつながっています。
視覚的なイメージは言語、人種、国籍を超えてダイレクトに伝わります。
その証拠に中国の水墨画を味わうのに中国語を学ぶ必要はありませんし、
フランスの印象画を鑑賞するのにフランス語を必要としません。

日本語の岸から英語の岸まで渡りたかったら、その間を流れる水の中に飛び込むことです。
はじめはぼやけてみえるかもしれません。
しかし、目をこらせばすぐにイメージが浮かんできます。
そして映像がクリアーになったら、一気にいちばん近い英語の岸まで泳ぎます。
最初はバタ足でもいい。練習するうちにきれいに泳げるようになります。
大切なのは泳ぎ方ではなく、向こう岸にたどりつけるかどうかです。


「一瞬で英語が話せる秘術」

=日本語が喚起するイメージを

シンプルな英語で瞬間描写するテクニック

のこと。


理論は以上です。
次のレッスンでは実際の応用例を紹介します。



「英語の潜水艦」
http://eigonoumi.blog121.fc2.com/



4
実践編

それでは応用例を10個見ていきましょう。
ここでは英語のレベルを初級に設定します。
ただし日本語のレベルはだんだん上げていきます。
一見むずかしそうなことでも、このテクニックを使えば
初級の英語でらくらく表現できることが実感できると思います。

応用例①

 「最近、デジカメを買った。手のひらサイズで気に入っている。」

☆新しいカメラが手の上にのっている様子をイメージします。

“I have a new digital camera. It’s compact. I like it.”

応用例②

 「近所のネコのミー助が車の上でひなたぼっこしています。」

☆よく晴れた日にミー助がしあわせそうに寝ている様子を思い浮かべます。
短文を重ねるのがコツです。

“A cat lives near my house.
The cat’s name is Misuke. It’s a sunny day.
He is sleeping on the car.”



応用例③


 「私の父はパソコンを使って翻訳の仕事をしています。」

translator(翻訳家)という言葉が浮かばなくても、あきらめるのはまだ早い。
お父さんが仕事をしている姿を思い浮かべます。

“My father uses a P.C.
He reads English and he writes Japanese.
That’s his job.”



応用例④


 「あのかまぼこ型の建物がインターコンチネンタル・ホテルです。」

☆「かまぼこ型」と言っても食べたことのない人には分かりません。
でも「半月型」と言えば世界中の人に通じます。

“That half-moon-shaped building is Intercontinental Hotel.”

応用例⑤

 「餃子のチェーン店王将が中国に進出した。」

☆一号店が開店したニュースを思い出します。
開店時刻に獅子舞がおどり、人だかりができていました。

“Osho opened a restaurant in China. They serve Japanese gyoza.”

応用例⑥

「小泉首相の靖国参拝に私は反対です。」

☆ニュースで首相が険しい顔をしながら参道を歩いていったの覚えている人も多いでしょう。
その映像を思い浮かべます。

“Koizumi visited Yasukuni shrine. It’s not good.”

応用例⑦

 「中村勘三郎の襲名披露公演に行った。感動した。」

☆伝統ある名前を引き継ぎ、あいさつをしている映像を思い浮かべます。
むずかしそうでも最初からあきらめないで、がんばって英語の岸まで泳ぎます。

“A kabuki actor Kankuro has a new name. He is now Kanzaburo.
I went to see his performance. It was fantastic.”


応用例⑧

 「建立当初は大仏殿があったが、大津波で流され、
以来露座となったまま今日に至っている。」

☆鎌倉のガイドブックのことば。四コマ漫画で考えます。
①室内の大仏。→②津波が来た。→③建物が流される。
→④現在は外に座っている。

“The Great Buddha was in a house. But a big tsunami came.
The house went to the sea. Now it sits outside.”



応用例⑨


  「その老人の不屈の精神にはすごいものがあります。」

☆ヘミングウェイの『老人と海』の感想。
大海原でひとりサメと戦う老人の姿を思い浮かべます。

“The old man is great. A shark attacks him. But he never gives up.”


応用例⑩


 「富士山の頂上でご来光を拝んだ。とてもきれいだった。」

☆日本語はむずかしいですが、映像を思い浮かべれば簡単に英語で表現できます。

“I climbed Mt. Fuji. I saw a sunrise at the top. It was very beautiful.”



いかがでしたか。

英会話というのは辞書を使わずに、

一瞬で60点~80点とる技術です。



100点を取らなくてもいい、

そう思えば気持ちが楽になって、

ペラペラ話せる気がしてきますね。


「一瞬で英語が話せる秘術」は

ピクチャー・ディスクリプション、

つまり絵を言葉で描写するスキルの応用です。


日頃からイラストを見て英語を言う練習をしましょう。

それが英会話マスターへの近道です。☆




「英語の潜水艦」
http://eigonoumi.blog121.fc2.com/









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。