英会話と英語リーディングは車の両輪。☆ストーリーを音読することで、両方マスターできます。英会話学校で12年教え、現在「英語でリーディング専門 クローバー」講師 Andy のブログ☆






プロフィール

Andy Tachibana

Author:Andy Tachibana
こんにちは!大久保で「英語リーディング専門 クローバー」というマンツーマン英語教室を開いているアンディ立花です。これから英会話をマスターしたい!英語もスラスラ読めるようになりたい!というあなたのために、必要なノウハウをすべてこのブログにまとめました。☆
Twitterは clover_reading です。



最近の記事



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハングル検定4級合格のポイント
KIMG0019.jpg
坂の上がハングル検定試験会場★


とりあえず

ハングル検定4級合格しました。

いちお、今年の目標が3級なので

まだ通過点です。



ハングル検定4級合格のポイントは

ハングルに親しむこと!☆

え?

あたりまえだって?

そうなんだけど、

ポイントは

カタカナにたよらないってこと。★




たとえば

韓国語には「カ」の音が3つあります。

가 (平音)、카 (激音)、까 (濃音)。

こういうのはカタカナでは区別できない

それに連音化というのもある。




韓国語の発音と文字って

かなりダイナミックなんですね。




やはりハングルそのものを見て

正確な発音を覚える必要があります。




そのためには

カタカナのふってない教科書を1冊やるといい。


私は『できる韓国語初級Ⅰ』を使いました。

これは新大久保学院の教科書みたいですが

市販されていて、独学用としても使えます




結論

カタカナにたよらないで

ハングルが読めるように
なったら

ハングル検定4級はケンチャナヨ!

というか、괜찮아요! ♪







大久保のマンツーマン英語リーディング教室




にほんブログ村 英語ブログ 英語リーディングへ
にほんブログ村


スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。