英会話と英語リーディングは車の両輪。☆ストーリーを音読することで、両方マスターできます。英会話学校で12年教え、現在「英語でリーディング専門 クローバー」講師 Andy のブログ☆






プロフィール

Andy Tachibana

Author:Andy Tachibana
こんにちは!大久保で「英語リーディング専門 クローバー」というマンツーマン英語教室を開いているアンディ立花です。これから英会話をマスターしたい!英語もスラスラ読めるようになりたい!というあなたのために、必要なノウハウをすべてこのブログにまとめました。☆
Twitterは clover_reading です。



最近の記事



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12
●Jの部屋

 七月に入り、日ざしの強い汗ばむ陽気がつづいた。
教授も夏バテなのか、研究で忙しいのか、この時期は休講が多かった。

 キャンパスの裏にあるJのアパートを訪ねた。
ほかほか弁当の隣だと以前教えてくれていたのだ。
一階のドアを開けると木製の急な階段があった。上までのぼる。
左右にドアがあったが、左の方から軽快なレゲーのリズムが聞こえてきた。
きっとJの部屋だ。

 “Hi !” 印象的な白い歯を見せ、甚平を着たJが登場した。
手足の長い彼にはちょっと小さいように見えたが、
なかなかよく着こなしていた。

 “Nice.”と甚平を指差して言ったら、少し照れた様子で、
“For summer, I like to wear this.”
(夏はこれを着るに限る。)と返事がかえってきた。

 ところが、私の耳には「サムライ」と聞こえた。summerIがくっついてしまったのだ。

 暖簾をくぐって中に入ると、雪をいただいた富士山の大きなポスターが目に付いた。
他にも日本のものか中国のものか判別のつかない巻物が飾られていて、虎と龍が描かれていた。
日本人の部屋よりも日本的なその部屋はエキゾチックで印象的だった。


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://akiwave.blog122.fc2.com/tb.php/39-23668327
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。