英会話と英語リーディングは車の両輪。☆ストーリーを音読することで、両方マスターできます。英会話学校で12年教え、現在「英語でリーディング専門 クローバー」講師 Andy のブログ☆






プロフィール

Andy Tachibana

Author:Andy Tachibana
こんにちは!大久保で「英語リーディング専門 クローバー」というマンツーマン英語教室を開いているアンディ立花です。これから英会話をマスターしたい!英語もスラスラ読めるようになりたい!というあなたのために、必要なノウハウをすべてこのブログにまとめました。☆
Twitterは clover_reading です。



最近の記事



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


英文法プラス
CA392810.jpg

クローバーのホームページで

「文法の苦手の方は基本書を1冊仕上げましょう。

『1から出直し 書き込み式 英語BOOK』

成美堂出版

がおすすめです。」と書きました。


同じような内容の本は他にも出ていますので、

上の本でなくてもOK。


(たとえば『基本マスターBASIC英文法』語研は

ほぼ同じ内容。)


やさしくて、

なるべくうすい英文法の本をマスターすれば

英会話&英語リーディングの学習がスムーズに

なります。



BUT!★



最近、英語のストーリーの読み方を教えていて

上の本にはのっていないけど、

大事な文法事項が3つあることに気づきました。



1.過去完了形

2.仮定法

3.前置詞



英語で小説(ストーリー)が楽しめるレベルで

読めるようになるには、この3つは非常に大切☆




1.<過去完了形>

ストーリーは過去形で語られます。

したがって、

語り手が基準としている時間よりも前のことは

過去完了形で書かれます。

英会話より使用頻度が高いのです。




2.<仮定法>

「もし~だったら、~なのに」のパターン。

主人公が自分の気持ちや置かれている状況

を説明するのに、非常によく使います。

自分でも英会話で使いこなせるくらい

身近になっているのが理想。




3.<前置詞>

「単語」に分類されるため

「英文法」の本で扱われないことも。

扱われても、非常に浅い内容なのが現実。

しかし、前置詞の本質がつかめないと

英語って読めないし、話せないと思います






ということで、

クローバーでは

英語リーディング準備クラスとして

英文法プラス」という講座を

あたらしく開設しよう!と思い立ちました。




でも

英語を楽しむことを目的とするクローバー

のレッスンなので、文法解説&問題演習という

受験勉強みたいなことはしません★




9コマ漫画を英語で楽しく読みながら、

いつの間にか大事な英文法が身につく

肩のこらないレッスンにしようと思います。☆




近々開講しますので

英文法プラス

乞うご期待!!



興味のある方はHPでチェックしてね~♪





英語でリーディング専門 クローバー




にほんブログ村 英語ブログ 英語リーディングへ
にほんブログ村




トラックバック
トラックバック URL
http://akiwave.blog122.fc2.com/tb.php/407-6eef0d9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。