英会話と英語リーディングは車の両輪。☆ストーリーを音読することで、両方マスターできます。英会話学校で12年教え、現在「英語でリーディング専門 クローバー」講師 Andy のブログ☆






プロフィール

Andy Tachibana

Author:Andy Tachibana
こんにちは!大久保で「英語リーディング専門 クローバー」というマンツーマン英語教室を開いているアンディ立花です。これから英会話をマスターしたい!英語もスラスラ読めるようになりたい!というあなたのために、必要なノウハウをすべてこのブログにまとめました。☆
Twitterは clover_reading です。



最近の記事



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


それでも物語が勇気を与えてくれる
KIMG0023.jpg

私の愛読書の一つに

パウロ・コエーリョの

『アルケミスト』-夢を旅した少年-

があります。




お金をなくした夜、

この本の主人公の少年が

旅の途中、全財産をとられた話を

思い出しました。



"He was so ashamed

that he wanted to cry."

「少年は自分が恥ずかしくて、

声をあげて泣きたかった。」




ところが

このあと、老人のことばを思い出します。




"When you want something,

all the universe conspires

in helping you to achieve it."




「おまえが何かを望めば、

宇宙のすべてが協力して、

それを実現するように助けてくれるよ」




このことばが少年の心の中で

化学変化を生みだします。




"As he mused about these things,

he realized that he had to choose

between thinking of himself

as the poor victim of a thief

and as an adventurer

in quest of his treasure."




「こうしたことをつくづく考えているうちに、

彼は自分のことをどろぼうに会った

あわれな犠牲者と考えるか、

宝物を探し求める冒険家と考えるか、

そのどちらかを選ばなくてはならないことに

気がついた。」




人はことばに傷つき、

打ちのめされることがあります。


でもことばによって、

救われることもあるのですね。




いつか

私の小さな英語教室

「英語でリーディング専門 クローバー」でも

この『アルケミスト』を取り上げたいと思います。



ラダーシリーズ卒業レベルなので

クローバー上級Ⅲになるかな。




私も少年のように

気持ちを切り替えて、

自分の山を登り続けます。





英語でリーディング専門 クローバー




にほんブログ村 英語ブログ 英語リーディングへ
にほんブログ村






トラックバック
トラックバック URL
http://akiwave.blog122.fc2.com/tb.php/418-d84fb21f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。