英会話と英語リーディングは車の両輪。☆ストーリーを音読することで、両方マスターできます。英会話学校で12年教え、現在「英語でリーディング専門 クローバー」講師 Andy のブログ☆






プロフィール

Andy Tachibana

Author:Andy Tachibana
こんにちは!大久保で「英語リーディング専門 クローバー」というマンツーマン英語教室を開いているアンディ立花です。これから英会話をマスターしたい!英語もスラスラ読めるようになりたい!というあなたのために、必要なノウハウをすべてこのブログにまとめました。☆
Twitterは clover_reading です。



最近の記事



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索




スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5
ワインのボトルは半分入っている
 
ボトルに半分ワインが入っています。
ポジティブな人は残っているワインを見て「半分も」と言い、
ネガティブな人は空の部分を見て「半分しか」と言います。

 外国語である英語もこのワインのようです。
母国語のように知識のボトルが上まで満たされることはありません。
いくら勉強しても外国語である以上、空白部分は残ります。
知識の空白部分ばかり見る人はネガティブな人です。
その人は決して英語が流暢に話せるようにはなりません。
一方、自分がもっている知識を見つめ、それを精一杯生かそうとする人はポジティブな人です。
この人は初級の段階から話せるようになります。


ある初級の生徒がアメリカでホームステイをしたときのこと。
彼女はホストシスターと日本の雑貨屋に行きました。
そこに細工をほどこした京都の箸置きがありました。
“What’s this?”と聞かれた彼女は一瞬言葉につまりましたが、すぐにこう言いました。

“It’s a kind of chopstick pillow.”
(お箸用の枕です。)

“That’s so cute !”という返事があり、とても嬉しかったと報告してくれました。

英語が話せるようになった後も、言葉につまる瞬間は誰にでもおとずれます。
日本語と英語の切り替えがうまくいかない。
むずかしい日本語が浮かんでしまう。それに対応する英語が見つからない。
そんな「ネガティブ」な状態に陥ったら、このレッスンで紹介した「一瞬で英語が話せる秘術」を思い出してください。
そうすればすぐにまた思考を切り替えて「ポジティブ」な状態に戻れるはずです。



「英語の潜水艦」
http://eigonoumi.blog121.fc2.com/






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。